智辯和歌山エース中西と中谷監督の絆でつかんだ栄冠、前川プロへ「次に活かしたい」



優勝を喜ぶ智辯和歌山の選手たち

◆序盤の攻防で流れが決まる

 智辯学園智辯和歌山。史上初となる「智辯」対決による決勝戦が29日に行われることとなったが、この試合も大事になったのは序盤の試合展開だ。

 まず智辯和歌山側から考えると、準決勝まで3試合すべてで、序盤3回までに点数を奪う試合展開を見せてきた。決勝でも同様の試合展開を繰り広げ、これまで通りの智辯和歌山ペースで優勝への道を切り開きたい。

 智辯学園側は、準決勝で温存できた西村 王雅をマウンドに送りだした。とはいえ疲労がどれだけ取れているかわからない。継投も視野に入れての戦いになることを考えれば、投手中心に粘り強い守備で強力打線に繋げていきたい。

 序盤の攻防が鍵を握る「智辯」対決は、想定した通り、初回から動くことになった。

◆エースの好リリーフが試合を変えた

 初回、先攻の智辯和歌山が1番・宮坂 厚希のヒットからきっかけを作ると、2番・大仲 勝海も連打で繋いだ。いきなり智辯学園・西村に襲い掛かると、4番・徳丸 天晴の犠牲フライで智辯和歌山に1点が入った。

 さらに6番・渡部 海と7番・髙嶋 奨哉にもタイムリーが生まれ、4対0と智辯和歌山としてはこれ以上ない幸先よいスタートを切った。

 決勝の大一番で智辯和歌山伊藤 大稀をマウンドに上げると、初回こそ無失点に抑えたが、2回に6番・植垣 洸と8番・谷口 綜大にタイムリーを許し、2点を失った。

 4回にもランナーを背負う苦しい展開となったところで、エース・中西 聖輝がマウンドに上がる。一死二、三塁だったが、中西は二者連続三振に斬って取り、1点も与えることなく0点で切り抜けた。

 すると6回から流れが変わった。
相手のエラーなどでチャンスを作った智辯和歌山。ここで1番・宮坂がタイムリーを放ち中押しに成功。5対2と智辯学園を突き放した。

 その後は、一気に流れを掴み智辯学園2番手・小畠 一心から毎回得点で点数を重ね続けた。智辯学園を少しずつ突き放していき、9対2で9回裏へ入る。

 リリーフ登板の中西は9回もマウンドに上がり、智辯学園を三者凡退。9回16安打9得点の攻撃で優位を保った智辯和歌山が21年ぶり3度目の栄冠を手にした。