「一呼吸」で明徳義塾エース代木が復活、猛打ならずも歴史刻んだ松商学園



代木大和(明徳義塾)

◆松商学園の勢いがキーポイント

 不戦勝によって間隔の空いた松商学園をどれだけ乗せないようにするか。両チームのベスト8進出の鍵はここにあるだろう。

 明徳義塾は初戦で県立岐阜商、2回戦で明桜と力のあるチームに試合巧者ぶりを発揮して勝ち上がってきた。競り合いに持ち込めば、有利に働くのは名将・馬淵監督が率いる明徳義塾に傾くだろう。

 松商学園は、地方大会から強打を発揮してきた。甲子園でもそのスタイルは健在で、初戦の高岡商戦は早々に試合の主導権を握り、2回戦進出を決めた。

 2回戦の不戦勝により日程が空いたことで、打線への影響は多少なりともあるはずだ。試合の中でいかにして早く感覚を取り戻し、勢いに乗って突き放せるがベスト8進出のポイントだ。

◆ピンチで光った真っすぐ

 初回、明徳義塾は3人で攻撃を終えると、先発・代木大和は松商学園の忠地大樹へ四球を与えるスタート。送りバントも決められ、一死二塁と、失点をすれば松商学園に火がついてもおかしくない展開だ。

 しかし3番・織茂 秀喜を138キロのストレートでショートゴロに抑えると、4番・斎藤 優也にもストレートでショートゴロ。ピンチの場面で真っすぐを投じて詰まらせて、失点を防いだ。

 すると、直後に代木自らライトへ先制のホームランを放ち、明徳義塾に1点が入る。これで勢いに乗った代木は、武器のカットボールを織り交ぜて6回まで毎回3人で攻撃を終わらせ、松商学園を抑える好投ぶりを見せる。

 2対0で迎えた7回に二死一、三塁と久々にピンチを迎えたが、ここでも金井 創へ真っすぐで差し込み3アウトチェンジ。失点を許さなかった。

 8、9回も危なげなく代木が松商学園を抑えてゲームセット。明徳義塾が2対0の完封でベスト8入りを果たした。